読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤンキー巫女逢桜伝

ヤンキー巫女逢桜伝 (B’s‐LOG文庫)

ヤンキー巫女逢桜伝 (B’s‐LOG文庫)

 タイトルを見た当初、少女小説にあるまじき「ヤンキー」ってところにちょっと惹かれ、評価も高いみたいだったので読んでみました。
 前からちょっと新鮮さを求めて少女小説のほうにも手を出してみたいなーとは思っていたんですが、読み終わってみると、うーん……果たしてこれが初めて読む少女小説で良かったんだろうか(笑)
でも、すっごく面白かったです。理屈っぽい理系男子と、元ヤンで直線的な女の子の相性が良く、2人のやりとりを中心にテンポよく、勢いあってとっても良かった。楸のルー語もなかなか楽しかったよ!特にマウンテンズに吹いてしまったのが悔しい……!
 基本的にはコメディなんだけど、シリアスのバランスもちょうど良い感じ。特に中盤から村の隠れた秘密に気づいてからぐっと面白くなった。梓とウメ婆ぁとのあいだに家族の絆や暖かさも見えてほろりとさせられたりもします。
 んでもって、神道や民俗学的な設定もけっこうしっかりしていて、その割に解決方法は科学的だったりとなかなか楽しませてくれるお話でした。続きが出そうな終わりだけれども、どう続けるんだろう?いやでも次が出たらまた読みたいなあ。
 でも何より、特筆すべきはあの拷問かと!いやいや籐園寺のお兄さんにはもちろん拷問だっただろうが、電車内で読んでいた俺にとってもひどい拷問で恥ずかしい思いをしたよ!