読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「群青の空を越えて」舞台探訪に行ってきた

book

 2日から3日にかけて、つくばにえろげ充しに行ってきました。
 なぜつくばかというと、俺がとても好きなシナリオライターの早狩武志がシナリオを担当した、lightの架空戦記えろげー「群青の空を越えて」の舞台だからです。つまり、いわゆる聖地巡礼ですね!
 というわけで、以下の写真については公式HPの舞台背景ページと照らし合わせながらご覧ください。ちなみに写真は同行したid:Akoyaが撮ったよ。
 実は、つくばエクスプレスにほぼ毎日乗っていながら、つくばには寝過ごした時しか行ったこと無かったんですよね。というわけで初つくば。
 着いてまず最初に思ったのは、道路がやたら広い。片側3車線なんて贅沢な土地の使い方ですね。TXが出来た影響なのかジャスコとか西武百貨店とかいっぱいあるんだけど、ちょっと外れると空き地がいっぱいあるぐらいには土地が余ってる。

  • 歩道橋その1


 最初に見つけた場所。グリペン用非常滑走路の上を通る歩道橋です。学園西大通りを北上していても主滑走路の歩道橋が見あたらないので、松見公園へ向かったところに発見。若菜に告白したりとかしてるシーンの場所ですね。

  • 松見公園


 そのすぐ近くの松見公園。これはほぼゲーム中の背景まんまですね。戦時中は予備生徒のデートスポットだったり、塔が通信施設として使用されてたりしたみたい。100円払うと、つくば市を一望できるらしい地上45mの展望台に登れます。ちなみに、通称栓抜き塔と呼ばれていて、筑波大学生の中では変形してロボットなるという噂があるらしい……。


 作中では筑波航空学校として予備生徒が通っている学校。いろいろ背景はいじられているけど、たぶんいちばん元になったのはこのアングルだと思う。そしてここまで来たところで1日目終了。

  • 洞峰公園


 というわけで2日目。かなり遠くて、途中若干道に迷ったりしながら4kmぐらい歩いたかなあ……。鬼教官モードのフィーにしごかれるシーンが印象的な場所。道路の半分の赤いゾーンはジョギングコースになってます。それから人を怖がらない水鳥が寄ってくる。

  • 歩道橋その2



 そこから西大通りに出て、ついに発見した主滑走路の歩道橋。てっきり北上したところにあると思っていたのに。見つけたときは安心と達成感でいっぱいでした。そしてここからまた駅まで2.5km……。ドクターペッパー飲んで帰りました。

 ちなみにGoogleマップで地図を作ってみたのがこれ

 そんなわけで、えろげ充つくばでした。街はどこへ行っても緑がいっぱいで、歩いてて楽しかったなあ。しかしこんなに歩いたのは久しぶりでした。疲れたけど行って良かったです。