読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ヴァンパイアファイナンス

群像劇がもともと好きなので、なかなか楽しめました。
でもちょっと各ストーリーの絡み合いにスパイスが足りなかったような気がする。
これなら、例えば短編みたいにして、最後に小夜がどう動いたか…みたいにしたほうが良かったんじゃないかなぁ。
あとはラストが方々で言われてるように確かに微妙だったかな。ちょっと収束が弱いというか。
それ以外の部分は、ライトノベルっぽさの中に一般文芸っぽさがにじみ出てて、なんだか面白かった。
それから、<会>みたいな陰謀論的なモノは大好物。出てくるだけでテンション上がる。

後書き読むと、もしかしたら続くのかな?
でも、どちらかというと、この作者はラノベより一般文芸の作品を読んでみたい。